どんな書類が収入証明書として認められる?

カードローンの契約時に提出しなければならないことが多い収入証明書ですが、どのような書類が収入証明書として認められるのでしょうか?もちろんカードローン商品によっては少しずつ違いがあるものです。しかし大まかにどのような書類が収入証明書となるのかを知っておけば、もしも必要になったときにはすばやく準備できてより早く借りられるかもしれません。

収入証明書として認められるのにはまず源泉徴収票があります。源泉徴収票は当然最新の物を準備する必要があります。保管場所をはっきりと覚えていない方は、申し込みの前に探しておくとよいでしょう。

さらに給与明細書も収入証明書として認められている所が多いです。しかし、直近のもの1ヵ月分で良い場合もあれば、住民税の記載があるかないかによって直近2ヵ月分を提出しなければならないこともあります。さらに賞与明細書が別れている場合なら1年分を提出することで年収の把握が必要になります。このあたりはカードローンによって幾分違いがありますので、申し込み前に確認しておきましょう。

他には市民税・県民税決定通知書、課税証明書(通知書)、所得証明書(通知書)なども収入証明書となることが多いです。ただしお住まいの地域の市区町村役場によって、この書類の名称が違っていることもありますので各役場に確認する必要があるでしょう。また、取得の方法も知っておく必要があります。

申し込み時には、手間を減らすためにもできるだけ提出書類を減らしたいものですが、限度額に関わらず収入証明書を求められることもあります。申し込み前に準備をしておくことも、より早い借り入れのためには良い方法かもしれません。

収入証明書の提出でお得になる

カードローンの申し込み時に収入証明書の提出をわずらわしいとしか考えられない方もいらっしゃるかもしれません。確かに面倒な部分はあるのですが、収入証明書の提出がお得さにつながることもあるのです。収入証明書の提出でお得になるカードローンとはどのような商品なのでしょうか?

プロミスのカードローンではポイントサービスのシステムが取り入れられていることをご存知でしょうか?利用状況やメールの受け取りなどでポイントを貯めていくことができるとっても便利なサービスです。

プロミスに初めて申し込みをする方には、無利息期間のサービスがあります。この無利息サービスを利用するためには、ポイントサービスに必ず申し込みをしなければいけないのです。ポイントサービスに申し込むタイミングによって無利息期間がスタートする時期も変わってきますので、利用の前にはぜひ確認しておきましょう。

そして、このポイントを貯める内容には収入証明書の提出もあります。収入証明書を提出することでポイントがもらえるわけです。貯まったポイントは、プロミスATMではないコンビニなどの利用手数料がかかってしまう提携ATMでの利用時に手数料に充当させることができるのです。

収入証明書を提出することでお得さを感じられるこのサービスをぜひ利用してみましょう。申し込みの段階から書類を準備しておくと、その後の流れもスムーズに進めることができるでしょう。

また、プロミスでは提出書類はスマホアプリで簡単に送ることができます。この点も素早い借り入れができる理由となっていますので、是非とも活用していただきたいですね。

どんな書類が収入証明書として認められる?エントリー一覧